種まきの時期を守る(種まきの適期:9月中旬〜9月下旬)
ナギナタギヤは寒冷地方の草種のため寒さには非常に強い反面、暑さには弱いため種まきの時期が早すぎると残暑の時期と重なり、発芽後に枯れてしまうことがあります。夜温が落ちる9月中旬からまきはじめましょう。また、あまり遅い時期にまきますと、越冬時の草丈が小さすぎて倒伏時期が遅れたり、分けつ不良になって十分な地表被覆効果が得られない場合もあります。遅くても10月上旬までにはまき終えて下さい。ccccccccccxxxxxxxxxxx 4
種まきの量を守る(種まき量:10アー ルあたり2〜3キロ)

静耕栽培の果樹園へ導入する場合には、10アールあたり2キロで充分です。しかし雑草草生やその他の草生の栽培から切り替える場合には、3キロをまいて下さい。条まきではなくばらまきでムラのないようにまきます。

摘み取り園向き
ブルーベリーの摘み取り時期(ハイブッシュ系・ラビットアイ系)にナギナタガヤが倒伏しているので土に接することなくお客様の履物が汚れませんしそのまま腰をおろすこともできます。cccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccccxxxxxxxxマルチ効果
夏場は倒伏し地表面を覆いますので、ブルーベリーの浅根を守る効果があります。ccccccccccccxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
ポイント&メリット